笛吹中央病院
交通アクセス  リンク  お問い合わせ  プライバシーポリシー   
病院概要 外来案内 入院案内 部門紹介 職員募集
ホーム

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 2 40 29 37 71 159 344 537 517 261
年齢階級別患者数は、平成29年4月から平成30年3月の期間に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。
傾向としては60歳以上の患者さんの占める割合が8割を超えており、高齢化社会が反映された年齢層となっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 41 24.44 20.83 4.88 87.56
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 39 29.59 12.34 5.13 79.90
100380xxxxxxxx 体液減少症 35 23.60 9.16 5.71 82.49
050130xx99000x 心不全 26 37.58 17.71 15.38 84.96
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 24 26.67 13.51 4.17 85.83
内科における患者数上位5疾患を挙げたものです。誤嚥性肺炎の患者さんが最も多くなっています。高齢の患者さんが多く、季節ごとの差があまりないため、特に高齢の方には年間を通して注意が必要な疾患と言えます。他疾患においても平均年齢が高く、合併症等により重症化することもあり、在院日数も長期化する傾向にあるといえます。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 41 3.90 4.47 0.00 70.61
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 32 2.97 4.38 0.00 73.22
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 14 49.00 12.23 28.57 72.71
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 14 4.50 5.50 0.00 64.07
060040xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 12 12.00 12.69 8.33 75.58
外科における患者数上位5疾患を挙げたものです。上位2疾患の悪性腫瘍については、化学療法で繰り返し入院を行うため件数が多くなっています。次いで多いのが慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全で、入院して人工腎臓(透析)を入院で行う患者さんで、平均在院日数も長くなっています。また、ここには表記されていませんが、腹腔鏡によるヘルニア手術も年間53件の実績があります。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 75 26.96 27.09 80.00 85.89
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 68 16.54 11.41 0.00 52.84
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 53 20.79 19.94 56.60 83.43
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 30 39.43 25.09 3.33 75.50
160760xx97xx0x 前腕の骨折 28 5.07 5.21 0.00 66.93
整形外科においては年齢層が幅広く、一番多い症例である股関節大腿近位骨折は高齢者の方が多くなっています。救急搬送で来院される他、他施設等から紹介されるケースもあります。手術となるケースが多く、術後はリハビリテーション専門施設等と連携し速やかな転院に対応しています。次に多い症例は肘、膝の外傷の患者さんで、他科と比較して平均年齢が低い傾向にあります。そのほとんどが手術を目的とした入院です。年齢も若く退院後早々に社会復帰されることから転院率も0%となっています。三番目に多い症例は胸椎、腰椎以下の骨折損傷となっており、こちらも高齢者に多い腰椎などの圧迫骨折等が多くなっています。こちらは手術適応は少なくリハビリテーションが主な治療となっています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 21 7.81 5.15 4.76 71.19
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 16 21.44 12.34 6.25 84.19
100380xxxxxxxx 体液量減少症 10 30.80 9.16 0.00 78.10
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 - - - - -
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - - - -
当院脳神経外科で一番多い症例は前庭機能障害(メニエール病、めまい等)です。また、当院では脳神経外科医が総合診療も担う体制を取っているため、内科の上位5疾患でみられた病名が脳神経外科の上位にも挙がってきています。

*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - 29 47 21 38 1 7
乳癌 - - - - - - 1
肺癌 - - - 14 - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1: 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について、集計期間に入院治療を行った、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者数を示しています。当院において癌の診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごと集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。癌の病期分類は、癌がどれくらい進行しているかという病期・進行度を意味しStage0からStageWまでありStageWが最も進行していることになります。当院では大腸癌の症例が最も多く、抗がん剤による治療が中心となっています。その他内視鏡的手術、腹腔鏡下手術、抗がん剤治療など患者さんの状態に合わせた治療を行っています。肺癌については当院は呼吸器外科がないため、手術を希望される患者さんについては他の病院を紹介しています。
*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 13.45 57.18
中等症 59 28.97 84.17
重症 11 36.55 87.73
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人が発症した肺炎です。重症度は以下の5つの指標、1)高齢、2)腎機能障害や脱水、3)低酸素血症、4)意識障害、5)血圧低下、の項目によって分類され、当院では中等度の比率が最も高くなっています。重症度があがるほど平均年齢も上がっており、高齢になるほど重症度が高く在院日数も長期化する傾向があります。
*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 26 56.38 80.42 24.24
その他 - - - -
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象とし、症例数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。当院では発症日から3日以内の患者さんが主となっています。急性期の治療終了後はリハビリテーションが主な治療になりますが、長期になる場合、回復期病棟などの専門施設への転院紹介等を行っています。
*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 28 1.89 2.89 0.00 69.25
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
内科、消化器内科では内視鏡的ポリープ切除が一番多い症例となっています。大腸内視鏡でポリープが見つかった場合切除の対象となり、切除後は1泊入院していただきます。 術後出血や穿孔がないか経過観察を行い、翌日退院となります。

*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 53 0.83 3.81 1.89 63.72
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 15 1.60 4.33 0.00 64.33
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13 0.15 1.15 0.00 67.38
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) - - - - -
外科では腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術が多くなっています。両手術とも腹腔鏡にて行われており、患者さんには傷口が小さく負担も少ないなど利点も多く平均5日前後の入院期間となっています。

*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 66 3.12 23.76 65.15 81.73
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 57 1.35 13.93 0.00 53.88
K0821 人工関節置換術(膝) 47 1.32 35.28 8.51 75.87
K0462 骨折観血的手術(前腕) 35 1.23 12.03 5.71 66.94
K0811 人工骨頭挿入術(股) 29 3.69 24.76 93.10 86.14
近年の人口高齢化により大腿骨近位部骨折・変形性疾患の症例数増加に伴い、手術件数においても、大腿骨の骨折観血的手術・人工関節の件数が増加し、当院においても多い症例となっています。術後は早期にリハビリを行い、在宅復帰に努める一方、長期にリハビリテーションの必要な患者さんについては専門施設への転院紹介などを行っています。
 整形外科の手術では外傷に起因するものが多く占めています。その中でも関節鏡下半月板縫合術が多く、年齢層においても当院の入院患者さんの平均より若いことが特徴となっています。膝には体重による負荷が大きくかかる箇所でそのため半月板にも大きな力が加わります。急激な動きや無理な体勢によって膝を酷使したり、膝を強く打ちつけた時などに、吸収しきれないほどの不可がかかることで半月板が損傷(断裂)したりすることがあります。当院では関節内視鏡検査により関節内部の状態を正確に把握し損傷(断裂)した半月板を縫合、切除を行います。術後は早期にリハビリを行い術後約2週間前後で退院となります。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
慢性硬膜下血腫はゆっくりと硬膜下に血液がたまってくる病気です。多くは頭部外傷後に発症しますが、外傷の既往がない場合もあります。手術は穿頭術(頭に穴をあける)を施行し血腫内容を洗浄除去し、血腫腔内にドレーン(チューブ)を残す方法が一般的です。

*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 66 0.00 2.71 0.00 73.73
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 1 0.00 3.00 0.00 85.00
当院における眼科の入院はすべてにおいて白内障の手術を目的とした入院です。基本的に三泊四日で退院されます。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
・播種性血管内凝固症候群は、さまざまな重症の基礎疾患により、全身の血管内で血栓ができる病態です。敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染症、腹膜炎などが原因になります。これらは臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして上記4つの発生率を集計しています。
・手術・処置などの合併症には、術後の創部感染、縫合不全などがあります。完全になくすことは出来ませんが、起こり得る合併症に関しては、事前に十分説明した上で、発症が最小限になるよう努めています。
*共通のルールに従い10件未満のもにについて“‐(ハイフン)”にて表記しています。

更新履歴

H28.09.28
初版作成
H29.09.25
指標更新(28年度)
H30.09.18
指標更新(29年度)
平成29年度 平成28年度 平成27年度
このページのトップへ