笛吹中央病院
交通アクセス  リンク  お問い合わせ  プライバシーポリシー   
病院概要 外来案内 入院案内 部門紹介 職員募集
ホーム
 笛吹中央病院では、平成18年6月3日より、病院敷地内(病院内、患者様用駐車場、ロータリー等)すべてにおいて敷地内禁煙とさせていただいております。 皆さんもご存知だと思いますが、最近"禁煙"や"分煙"を実施している公共施設が増加しています。これは、平成15年5月より施行されました「健康増進法」という法律により。公共の施設等多くの人が集まる場所を管理するものは、受動喫煙(タバコを吸う人の煙により結果としてタバコを吸っているのと同じ状態となること)を防止するよう義務規定ができました。

 笛吹中央病院におきましても、病院を利用する皆さんに平成18年6月より"敷地内禁煙"をお願いしております。入院患者さんにはもちろん喫煙者の方もいらっしゃいます。その方々には厳しい状況ですが、これは他人に迷惑をかけないということと、非常につらい状況でタバコの数量が減少するということは、本人にとっても非常にいいことであるのではと思います。

  禁煙をしようということになった時に「タバコを吸う権利だってあるんじゃないか」等の声もありましたが、患者様の健康回復、非喫煙者の方の受動喫煙によるがんを始めとした病気への予防、また病院内でのタバコの火の不始末による火災(実際に火災がおこり、多数患者様が亡くなられた事例もございます。)の観点からもぜひとも喫煙者の方のご協力をいただきたく思います。

 当院においては、毎週土曜日の午前に禁煙外来を行っております。 どうしてもタバコがやめられないとお悩みの患者様は、専門医が丁寧に指導させていただきますのでぜひ受診をしてみてはいかがでしょうか。

 病院には、多数の方が御来院されております。病院職員一同、患者様の健康と環境にやさしい、清潔な病院運営に努めて参りますので皆さんのご協力をお願いします。
笛吹中央病院 院長 尾崎 由基男
このページのトップへ